スタエフ

【stand.fm収録】ウワサ話について考えてみた

投稿日:2021年1月25日 更新日:

イラストレーターで自転車乗りのそんよんです。

最近、stand.fmというアプリで収録をして、音声配信を行っています。その中で、お話しした内容をブログ記事に起こしてみようと思いました。

stand.fmのチャンネルは下記リンクより

»そんよんのTEKETO RADIO

今回の記事内容について、音声で収録してありますので、文章を読む時間がない(もしくは、面倒)とか、聴き流したいという方は、下記リンクより音声をお楽しみくださいませ。

文章で読んだ方が、内容が頭に入りやすいという方もいらっしゃると思いますので、喋っている内容を書き起こしていきますね。

【stand.fm】収録の内容

キッカケは「シマエナガ」

今回は、ウワサ話について自分なりに思うことや、考えたことをお話ししたいと思います。

キッカケはLIVE配信で言われたことになります。

ある日、LIVE配信中のライバーさんから
「そんよん、あの人の配信で話題にあがってたよ!」と言われ何のことだろうと聞いていたら、

「この前描いてインスタにアップしてた、“シマエナガ”がすごく良いって、ウワサになってたよ〜♪」

って、教えてくれました。

これって、すごく嬉しいことだと感じました。

シマエナガのイラストは下記リンクからご覧いただけます。

»シマエナガ(そんよんのInstagram)

良いウワサって人を幸せにすることを実感

そんよんの知らないところで、良いウワサ話がされていたのです。

良いウワサって、まわりまわって本人に聞こえてきた時に、こんなに幸せな気分にしてくれるということを、実感しました。

良いウワサでいっぱいになればいいのになぁ・・・。

ウワサ話って、悪口を言ってるイメージが強くて、実際はその方が多いんだろうなと思います。

ウワサ話って、何で悪口が多いんだろう・・・

ちょっと調べてみた。

悪いウワサ話が多いのはナゼ?

そんよんが見たサイトでは、こんなことが記載されていました。

「悪口」を交わすのは仲間であり、それをする事で人と仲良くなれるという働きが生まれるとのこと。

仲間内での規範や考え方を学ぶためには、重要な社会的機能を「悪口」は果たしているそうです。

ただ、悪口はリスクもあることをお忘れなく。

悪いウワサが、まわりまわって本人に伝わってしまうこともあり、そうなった時に「悪口を言う人」というイメージを持たれてしまうため、損すると思います。

良いウワサを推奨したい、そんよんです。

悪いことではなく、逆に良いことで仲間内の意思確認できたら、ステキだと思いませんか?

そんよんは、良いウワサが聞こえてきて、嬉しかった経験をさせてもらったので、今後はそっちの方向でウワサ話をしていきたいと思います!!

もし、この話に共感してくださる方がいたら、良いウワサを広めていきましょう!!

何事もムダではないということ

何となく描いた「シマエナガ」

こんなことを考えるキッカケになるとは・・・

やってること全て、何事もムダではないと感じますね。

これからも頑張ってイラストを描いていこうと思う、そんよんでした。

興味を持っていただけた方は、Instagramで毎日イラストをアップしてますので、下記リンクよりフォローしていただけると、励みになります。

»そんよんのInstagram


最後まで、記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

広告




広告




-スタエフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【stand.fm収録】1400回再生されてた

イラストレーターで自転車乗りのそんよんです。 最近、stand.fmというアプリで収録をして、音声配信を行っています。その中で、お話しした内容をブログ記事に起こしてみようと思います。 stand.fm …

【stand.fm収録】テケトーをモットーにしている理由

イラストレーターで自転車乗りのそんよんです。 最近、stand.fmというアプリで収録をして、音声配信を行っています。その中で、お話しした内容をブログ記事に起こしてみようと思います。 stand.fm …

そんよんについて


そんよん
@songyong_xx

「そんよん」は本名の中国語読み。

一度のライドで600km走った事がある、昭和生まれの自転車オジサン。

最近は自転車に乗って新しい発見をするのが好きで、ブログが自転車記事メインになりつつある。

2012年〜2013年の10ヶ月間、中国の恵州に滞在。海外に住んでいた事で、日本の常識が世界の常識でない事を知る。

「常に考える」をモットーに日々を過ごしている。